ADAPが選ばれる理由

"見える化"
ADAPは全社員が見ることのできるホワイトボード

Web上で在庫推移から各製造過程の負荷状況までサプライチェーンのあらゆるポイントを一覧表示し、一目把握できるようになります(サプライチェーンBOM)

各工程の在庫や完成品だけでなく、途中の運搬や作業の時間までとらえたサプライチェーンBOMで管理することにより「どこが改善する余地があるか」「どこが調整可能か」などのポイントが一目でわかります。

また、各工程の関係性を見渡したうえで、MRPのような所要量展開と、スケジューラのような負荷調整を同期的に行う高速なAPS機能で、計画の自動立案も生産管理業務を強力にサポートします。

サプライチェーンASPは、需要計画実績の情報変更に伴う引当(つながり)の変化(調達 〜 出荷からの実績入力情報)を常時モニタリングし、つながり不全に反応して随時計画を修正します。

"つなげる"
調達・作業計画・物流・オーダーの完全同期

仕入れ、生産、中間品管理、在庫管理、外注管理などあらゆるポイントを網羅しながら最適化を行うためには、複雑なサプライチェーンの全体を見渡せる必要があります。

(サプライチェーンAPS)ネットワークに接続したPCさえあれば、サプライチェーン全体をリアルタイムで見える化し、関連部門と共有することができます。

サプライチェーンASPは、需要計画実績の情報変更に伴う引当(つながり)の変化(調達 〜 出荷からの実績入力情報)を常時モニタリングし、つながり不全に反応して随時計画を修正します。

ADAPが選ばれる理由


ADAPの機能





導入事例

【動画】工場の都合ではなく、人の都合に合わせてくれる生産管理システム[サンリッツ様導入事例]

ユーザーの株式会社サンリッツ様にてご担当者様にインタビューを行いました。 偏光...

工場の都合ではなく、人の都合に合わせてくれる生産管理システム

導入事例の一覧を見る

生産管理でお悩みの方、生産管理をいまよりもっと良くしたいとお考えの方向けに
実際のADAPユーザー様ご本人が作成した事例紹介資料や動画をご覧いただけます。
⇒事例資料無料ダウンロード・お問い合わせはこちら