食品加工メーカー B社様

在庫を切らさないように見込みで生産していた結果、在庫の賞味期限が切れて、慢性的に製品の廃棄が発生していました。また、生産に合わせた原料の仕入れ務が煩雑で、ミスも発生していたため、そのミスを回避するために、また常に多めの原材料在庫を保管していました。

製品廃棄が0に!賞味期限切れなしの在庫管理

お客様の課題

在庫を切らさないように見込みで生産していた結果、在庫の賞味期限が切れて、慢性的に製品の廃棄が発生していました。 生産に合わせた原料の仕入れ業務が煩雑で、ミスが発生していました。 ミスを回避するために、常に多めの原材料在庫を保管していました...

改善のポイント

製品ごとに最適な安全在庫を設定し、安全在庫を補充する方式に切り替えました。 材料の仕入れから生産までの量とタイミングを合わせることで、同期化生産が実現しました。

導入効果

在庫切れも起こさず、製品の廃棄が0になりました。 倉庫内の製品の鮮度が向上し新鮮な製品をお客様に届けることができるようになりました。 仕入業務がほぼ自動化され、ミス・ムダがなくなり、原料の鮮度が向上して品質が改善されました。