ADAPユーザー 事例発表会2019 開催のお知らせ 2019年11月8日(金)

ADAPユーザー 事例発表会2019
開催日:2019年11月8日(金)

お待たせ致しました。ADAPユーザー様の事例発表会開催のお知らせです!
毎年恒例の年に一度のADAPユーザー様とADAPをもっと知りたいというお客様の
交流の場となっております。
生産管理に立ち向かう製造業の皆様の為のイベントです。


お申込・詳細はこちらから
https://kke.lmsg.jp/seminar/11672/7DWbocNo
----------------
【基調講演】
「最近のサプライチェーンの課題と最適化技術の役割」
元・静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)
高井英造氏

高井英造氏経歴
コロンビア大学工学部大学院(経営科学)修了(M.S、1965)。
三菱石油(株)数理計画部、エネルギー調査部長を経て、
静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)、多摩大学大学院客員教授、
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター客員研究官等を歴任。
現:株式会社フレームワークス 特別技術顧問

----------------
【ADAPユーザー講演】
本田技研工業株式会社 生産本部 部品物流部 
GKD企画推進課 主幹  古川 正様
「Honda サプライチェーン 改革の取り組み
       ~ ADAPを活用した計画連鎖 ~」


----------------
―プログラム―
14:00
開場
14:30~14:40 
ご挨拶
14:40~15:40 
基調講演 高井英造氏
「最近のサプライチェーンの課題と最適化技術の役割」

 
EC物流の進展、マーケット変化とロジスティクスの人手不足に、
どのように対応していくべきか。 
最新の動向と技術課題について講演いただきます。
中でも、ロジスティクス・マテハンの自動化に焦点を当てて、 
自動化有効に動かすためのポイントについて解説していただきます。
ロジスティック・マテハンの自動化は、
ショップフロアー・レベルの自動化にのみ視点が行きがちで、
上位の最適化の重要性が忘れられているとのご指摘です。
上位の最適化の重要性と、最適化技術
および、その役割について、解説していただきます。

15:40~16:00
ADAPについて(機能・更新情報など)
16:10~17:10 
ユーザー講演 本田技研工業株式会社様
「Honda サプライチェーン 改革の取り組み
       ~ ADAPを活用した計画連鎖 ~」
 本田技研工業の改革プロジェクトについて また、その中で、SCM改革についての取り組みについて発表いただきます。
17:30~
懇親会(恐れ入りますがユーザー様のみのご参加となります)

※質疑応答、名刺交換のお時間があります。
 ADAPをもっと知りたい、ユーザーの話を直接聞きたい、という方は是非ご参加ください。
 たいへん和やかながら、生産管理に関する熱い討論があちこちで繰り広げられております。
 生産管理コンサルタント野本もおります。

お申込・詳細はこちらから
https://kke.lmsg.jp/seminar/11672/7DWbocNo