5S活動の意味と目的とは

5S活動の意味と目的とは

■5S(ごエス)活動とは

5S活動とは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけを意味し、製造業の生産現場における、工場改善の基本となる考え方です。
整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・しつけ(Shitsuke)のローマ字表記の頭文字をとって、5S活動と呼ばれています。

・整理(Seiri・せいり)

不要なモノを捨てる・片付けること

不要なモノが存在してる現場では、必要なモノを探す時間が無駄になります。また、余計なモノがあると、事故につながる可能性も高くなります。ですから、不要なモノは生産現場に置かないことが必要です。

・整頓(Seiton・せいとん)

決められた場所へ決められたモノを配置すること

製造に必要な資材や、工具など、決められた場所へ配置することにより、探すムダを省くことができます。決められた場所へ配置することで、現場がすっきり片付きます。

・清掃(Seisou・せいそう)

常に掃除をすること

きれいに掃除することだけが目的ではなく、作業場を掃除しておくことにより、異常や不具合を発見しやすくするために、掃除を行います。異常や不具合を発見したら、再発の防止を行うことが目的です。

・清潔(Seiketsu・せいけつ)

整理・整頓・清掃を維持すること

整理・整頓・清掃を維持することで、清潔な状態を保つことができます。継続的に行うことが大切です。

・しつけ(Shitsuke・しつけ)

決められたルールを守る習慣を身につけること

決められたルールを守る習慣を身につけることで、現場従業員のモラル向上へと結びつきます。


■5S活動を行う順番

5S活動は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの順に重要であり、実行する順番も整理・整頓・清掃・清潔・しつけの順となります。
整理をおろそかにし、不要なモノが散乱した現場では、必要なものがすぐに見つけられません。また、不要なモノが置かれた状態では、製品の作りすぎや余剰材料に気づきにくくなってしまいます。
整理された状態であれば、モノの配置場所や工程が可視化され、整頓がより効果的にはたらきます。


■5S活動の目的

5S活動そのものは、あくまでも手段であり、本来の目的は、常に現場の改善を行うことにあります。
生産の現場では、製造する商品が常に変化し、それに伴って作業員の業務も変化します。業務が変化することにより、守らなければならない5S活動の内容も変化していきます。ですから、5S活動のチェックリストは変化するものであり、その時々で求められる5S活動も変化するというように考えるのが正しいです。
5S活動は、現場改善の基本でありながら、終わりはなく、決して慣れることがないよう、重要事項として取り組み続けていかなければならないのです。



生産管理でお悩みの方、生産管理をいまよりもっと良くしたいとお考えの方向けに
実際のADAPユーザー様ご本人が作成した事例紹介資料や動画をご覧いただけます。
⇒事例資料無料ダウンロード・お問い合わせはこちら