鉄塔設計支援

システム概要

本システムは、送電用山形鋼鉄塔の設計業務における【図面作成】【数量積算】【工場手配】の業務を支援するシステムです。
送電用山形鋼鉄塔製作基準に準拠した鉄塔加工、ボルト位置、プレート形状のおさまりを自動作図で最適作図を行います。

導入効果・メリット

  • 設計業務標準化を図り、鉄塔業務の効率化を実現します。
  • システム化することで積算データ、工場手配データを完成することができます。
  • 図面データを用いて、工場との作業連携を行うことで、工場でのチェック効率化につながります。

各機能の概要

基本情報入力

工事名、設計担当者をはじめ、地線設定(地線、地線タイプ、地線プレートなど)や頂板設定、ボルト設定などを設定します。

基本情報入力画面&[3Dスケルトン] 設計情報管理図形

自動設計

●構造図自動作図

3Dスケルトンを元に構造図を作成(正面、平面、裏組み)

●腕金作図

3Dスケルトン+腕金情報の入力を行い、腕金の構造図を作図

(アングル、プレート、ボルト、各種加工、符号、基線ゲージ、ゲージ、寸法記号、GL)

●レイアウト設定

図面の縮尺設定をはじめ、寸法や図面枠の作成

集計

集計機能として、単品図作成、部材表作成、ボルト表作成、CNC、型紙を自動集計します。
また部品の整合性チェック(形状、属性)を行います。

個別編集

作図関連コマンド(鋼材、プレート、ボルト、穴などの配置)をはじめ、移動や削除、コピーといったレイアウト関連コマンド、印刷関連コマンドなど豊富な編集機能を有しています。