製造最適在庫戦略ソリューション

OptStock® System

品切れは論外。でも過剰在庫は避けたい。
需要の変動に見合う最適な在庫量を維持。

需要トレンド分析、最適発注点決定、生産発注指示自動生成の3つのコンセプト全体を自動化したシステムをご提案。それが「OptStock® システム」です。

●最適在庫管理が必要とされる背景

消費者ニーズの多様化

  • 多品種の在庫管理が必要
  • 将来需要が読みにくい時代

キャッシュフロー経営

  • 経営陣からの在庫削減要請

在庫過多と欠品の多発

生産管理システム(ERP、APS※)

  • 在庫基準値設定機能はあるが、値をどう決めれば良いかわからない
    ※APS(Advanced Planning and Scheduling)

適正在庫水準を決められない

  • 理論や手法が不在

●ご提案

需要は変化する

在庫水準を頻繁に見直す必要性

商品により売れ方がちがう

在庫回転日数は品種により異なる


ご提案機会損失を最少に、かつ不良在庫を圧縮して、部品や製品の在庫量を適正に維持管理することは業績を左右する重要課題です。需要予測の精度が期待できない現代において、在庫を真に削減するためには、単に安全在庫を決めるだけでは不十分です。
需要トレンドのキャッチアップや、需要トレンドに合わせた在庫戦略の策定、生産計画・在庫管理・発注方式と相まった統合的なシステム構築が必要です。

3つのサブシステム

●需要トレンド分析システム

品目毎(完成品・中間品・部品)の需要実績をもとに、品切れによる機会損失リスクと、長期不良在庫化のリスクを科学的に判定することで全品目を分類し、適切な在庫管理に役立てます。

●最適発注点決定システム

需要実績に最も適合する分布型を自動選択し、その分布型に合わせた発注点を設定します。

●生産発注指示自動生成システム

有効在庫と発注点を比較し、基準以下の品目について、生産発注指示(オーダ)を自動生成します。


需要トレンド分析(RFM分析)

需要トレンド分析(RFM分析)

選定対象とする分布型

選定対象とする分布型

OptStockの改善効果

OptStockの改善効果

システム構成(例)

システム構成(例)


このような業種業態の企業様にお勧めします

建材/食品/機械、金属/精密機械/電機・電子部品/都市ガス/住設機器/化成品 など