在庫40%削減。悩んでいた設備投資が不要に![自動車用塗料メーカー様]

これまで通りの納期順守を果たしながらも、在庫を40%削減することができました。


お客様の課題

多品種類生産で品種別の需要変動が激しい上に、納期順守が絶対条件です。そのため、大量の製品在庫を抱えて対応しなければなりませんでした。特急オーダーも日常茶飯事で、現場の納期回答も混乱。また、貯蔵タンクの容量が限界に達し、設備投資が必要となっていました。

改善のポイント

共通品の多い中間品には、適切な安全在庫を設定して安全在庫の補充生産としました。中間品から最終工程は受注してからの生産とし、納期に合わせて計画されるようにしました。
これにより、これまで通りの納期順守を果たしながらも、在庫を40%削減することに成功。また、この結果タンクの増設は不要となり、無駄な設備投資を抑えることにもつながりました。同時に、揮発性の塗料を使用した工程のリードタイム短縮により、揮発損失が減少し原価の低減につながりました。