IATF16949 運用改善ソリューション

自動車品質マネジメントシステム規格「IATF16949」のコアツールの運用実効性・効率性を高め、「不具合の未然防止」「品質ばらつきの低減」の実現を支援します!

コンセプト

御社のQMS(品質管理の取り組み・仕組み)は、

お客様へ自信を持って説明できますか?

item.pngFMEAやコントロールプランを作成はするが、形骸化している・・

item.pngMSAやSPCを実施はするが、ばらつきの削減・品質の改善につながっていない・・

item.png各種ドキュメントの変更内容がきちんと反映できているか、トレースできていない・・

arrow_down_orange.png

当ソリューションは、QMSの実効性を高め、

お客様へ説明できる取り組み・仕組みへランクアップさせます。

導入効果

IATF16949のコアツールの実効性・効率性を高め、

本来の目的である「不具合の未然防止」「品質ばらつきの低減」に役立つ活動に!


よくあるお悩み

お悩み①:品質活動の形骸化

IATF16949の要求事項はその数の多さや水準の高さから、対応には非常に大きな労力が伴います。そして、その対応に苦慮された結果、IATF16949が本来目指す「不具合の未然防止」「品質のばらつき低減」という目的が失われ、提出書類を揃えることが目的と化した結果、せっかくの品質活動が形骸化するケースが少なくありません。

iatf_issue.png

提出物の作成や数値の算出が目的に(品質活動の形骸化)

 

お悩み②:情報の変更管理が行き届かない

IATF16949で作成が要求されるドキュメントは多岐にわたり、その膨大なドキュメント群を常に最新化(変更内容の反映)することまで求められます。エクセルシート等を使っての地道な変更管理では到底追い付かず、情報が老朽化してしまうことが少なくありません。

iatf_issue2.png

変更管理の不行き届きによるトラブル

 

当ソリューションが解決します!

arrow_down_orange.png


当ソリューション導入による効果

IATF16949で定義されるコアツール(APQP、PPAP、FMEA、MSA、SPC)の実効性・効率性を高め、規格本来の目的である「不具合の未然防止」「品質のばらつき低減」を達成する"仕組み"の構築を支援します。

さらに、当ソリューションは、この"仕組み"の有効性をクライアントや監査員に対して『説明できる』状態にすることを目標としています。

 

効果①:品質活動の実効性が向上!

FMEA、MSA、SPCといった各種分析・測定手法の本質を理解すること、そして、それぞれの実施に適したツールを用いることに主眼を置き、御社に見合った品質活動の運用構築を支援します。

 

効果②:情報の変更管理を効率化!

エクセルシートでは実現できない、超効率的な情報変更管理の運用構築を支援します。

 

効果③:社内リスクコミュニケーション力の向上!

不具合未然防止のためには、製品設計や工程設計の各段階で、過去の不具合内容や変更点・新規点の共有が重要であり、IATFではそのコミュニケーション方法としてコアツールのAPQPを挙げています。当ソリューションではこの「リスクコミュニケーション」の運用構築を支援します。

 

資料を請求する・詳細を問い合わせる

導入事例


事例①:FMEAデータベースによる知見の共有 fmeaexeckojo.png

 

FMEAは、部品や工程の機能や心配点、リスク対策を体系的に整理します。

FMEAを使って設計者の心配点や工夫といった知見をデータベース化し、

先人の気づきと工夫を踏まえた、製品改良や変更が可能になります!

 

例えばこんな「やかん」にも、先人の気づきと工夫が詰め込まれている。

fmea_yakan.png

FMEAを使うことで、先人の知見を他者でも理解できるデータとして共有

arrow_down_orange.png

fmea_db.png

さらに、新たな気づきを次々とフィードバック。データを成熟化!

 


事例②:複数製品のAPQP関連ドキュメントを一括更新 mockoritsu.png

 

IATF16949におけるAPQP(先行製品品質計画)では、上流(設計)~下流(製造)の各工程で様々なドキュメントの作成が要求され、

かつその膨大なドキュメント群を常に最新化(変更内容の反映)することまで求められます。

当ソリューションでは異なるドキュメントであっても同じ意味の項目はデータを一元管理することができます。

すなわち、あるドキュメントで変更した内容が直ちに他のドキュメントにも反映されます。

apqp.png【ドキュメント間のデータ関連図

 

さらに、関連製品のドキュメントのデータを紐付けることで、

ある製品の変更内容を、関連製品へ水平展開するといった変更も容易に行えるようになります。

apqp_multi.png

 


事例③:部署・拠点を跨いだリスクコミュニケーション riskcomukojo.png

 

一説によると、品質不具合の原因として最も多いのは「過去に起こった不具合の再発」とも言われています。

一度発生した不具合の教訓が、他のチームへ共有されていないことが大きな要因になり得ます。

同じチーム内はもとより、他部署・他拠点が持つ過去トラや心配点へも簡単にアクセスできることで、同じ不具合を繰り返さない組織づくりが可能となります。

riskcommunication.png

 

資料を請求する・詳細を問い合わせる

ソリューション内容

当ソリューションの提供形態

 

ソフトウェア導入 + 運用支援コンサルティング

 

IATF16949のコアツールの運用実効性・効率性を高めるために、

以下のソフトウェアの導入、また、御社のイメージする運用に合わせ、最適な活用方法をアドバイスいたします。

 

①品質リスクマネジメントプラットフォーム「STATURE」

Stature_logo.png

STATUREの製品紹介サイトを見る

 

②統計解析ソフト「Minitab」

minitab-18.png

Minitabの製品紹介サイトを見る

 

資料を請求する・詳細を問い合わせる

最新ニュース